SHINJO HIGASHIYAMAYAKI
天保十二年開窯 新庄戸沢藩御用窯

山形で陶芸体験をするなら団体の予約も可能な【新庄東山焼】~陶器の特徴とお手入れ方法とは~

団体の予約にも対応する陶芸体験を山形でお探しなら~企業の研修にも~

団体の予約にも対応する陶芸体験を山形でお探しなら~企業の研修にも~

山形で陶芸体験をするなら、企業の研修など団体の予約にも対応する【新庄東山焼】をご活用ください。陶芸体験は天候を気にせず行えるため、悪天候の場合もスケジュールを変更する必要がありません。

企業の研修などで山形を訪れるご予定でしたら、ぜひスケジュールの一部に陶芸体験をご検討ください。所要時間にあわせて選べる複数のコースをご用意しています。

完成した陶器は手元に残るため、見るたびに思い出として蘇るでしょう。陶芸体験を検討されている方はぜひ、山形の【新庄東山焼】へ。

陶器の特徴とお手入れ方法

陶器の特徴とお手入れ方法

大切な陶器を長く使用するには、陶器の特徴とお手入れ方法を知ることが大切です。「焼き物」といえば陶器と磁器がありますが、その特性は異なります。

磁器は陶石を砕いた粘土からできているため硬く、表面はツルツルしています。陶器の原料は土のため、磁器に比べると強度は弱いですが、柔らかな雰囲気が特徴です。

また、陶器は使うたびに少しずつ変化し、表情を変えていきます。愛用すればするほど、手に馴染んでいく様子が感じられるため、さらに愛着が湧くでしょう。

保温性が高いため、温かい飲み物やお鍋料理にも陶器はおすすめです。しかも伝熱性が低いので、陶器に熱いものを入れても表面は熱くなりすぎず、持ちやすいままです。自然な雰囲気のあるデザインが多く、見た目はもちろん触れたときの素朴な感触も楽しめるのが特徴です。

長く変化を楽しむためには、使った後のお手入れも大切です。基本的にはやわらかいスポンジで洗い、しっかりと乾燥させることが重要です。

万が一、ニオイがうつってしまった場合は、レモン汁や重曹を入れて煮沸するのがおすすめです。水分を吸収しやすい陶器の場合、つけ置き洗いはカビや洗剤を吸い込む原因となるので、「優しく洗い、しっかり乾かす。」これが陶器を守る基本と覚えておきましょう。

陶芸体験は山形にある【新庄東山焼】へ

会社名
有限会社 新庄東山焼
代表
涌井 弥瓶
URL
http://www.higashiyamayaki.com/
住所
〒996-0002 山形県新庄市金沢1441−1
電話番号
0233-22-3122
FAX番号
0233-22-3372
メールアドレス
info@higashiyamayaki.com
定休日
工場:土日
店:無休
営業時間
AM8:00~PM5:00
業務内容
・陶磁器製造・販売
・陶芸教室